チョーサーカレッジは、1992年に川島寛士氏によって創設されました。独立した高等教育機関として、歴史のある街カンタベリーの市街地にも程近い英国ケント大学のキャンパス内に設置され、秀明大学からの留学生を受け入れています。



カレッジの寮は、全室個室で200名ほど収容することができます。

学生のほとんどが秀明大学の一年生です。学部の最初の5ヶ月をチョーサーカレッジにて学び、そのなかには英国立ケント大学への進学準備期間として参加する学生もいます。

全学生は、チョーサーカレッジ及び隣接のケント大学の学習のための設備とスポーツ・レジャーのための施設を自由に利用することができます。